まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

JHIPHOP

初夏を迎え、季節の変わり目。ならば、春夏秋冬を聴くしかない。Steady&Co. 「春夏秋冬」

先日、重盛さと美さんがとあるビートをジャックするという驚きの動画が上がりました。 www.nosee-wave.com その時使われたビートが、 Teriyaki Boyzの「Tokyo Drift」だったわけですが、 Teriyaki Boyzのメンバーを、ここで再確認していきたいと思います。 T…

曲を聴いて文化を知る。U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS「BUNKA」

先日、 TAMTAMの「Worksong! Feat.鎮座DOPENESS」をご紹介しました。 www.nosee-wave.com TAMTAMは、元々ラッパーとのfeatがあったものの、 鎮座DOPENESSを客演に呼ぶのは想定していなかったので意外でした。 「Worksong! Feat.鎮座DOPENESS」は、 かなり心…

久しぶりに「Luv(sic)」のRemixが聴きたくなった。【SHING02】

先月に、 U-mallowとhohorehoの「99♮」という曲をご紹介しました。 www.nosee-wave.com Lo-fiなビートに乗せられた同曲ですが、 MAD動画において、とあるアニメーションが使われておりまして、 そのアニメのサントラをRemixした曲を聴きたくなったので、今回…

teriyaki boyzにリスペクトしか感じないRemix現る。重盛さと美「TOKYO DRIFT FREESTYLE」【韻解説】

ということで、今回は、 突如わたしの耳に衝撃をぶっこんできた 「TOKYO DRIFT FREESTYLE」をご紹介したい!! とってもCOOOOOOL!! 入りから痺れましたね。 この乗り方。絶妙過ぎる。 もやはラッパーなのではないかと疑うくらいのフロー。 ラップ好きなのか、…

皆の心の声を応答願いますか。このままだと水瓶が涸れる。NORIKIYO「応答願います」【歌詞の意味】

今日は、 今日の今日にリリースされたNORIKIYOの「応答願います」をご紹介したい。 不安だ。 この先どうなるか。 ニュースはあまり見ないようにしている。 必要最低限だけ。あとは音楽を聴く。心を落ち着かせるため。 この唄は、生存確認だけではない。 ちょ…

コノ流レハ予測不可 「Kunoichi Money」Elle Teresa & Sophiee

こんにちは。 超絶日本語ラップ好きです。 昨年2019年に、 個人的に注目しているラッパーをご紹介した回がありました。 www.nosee-wave.com その中で、 Elle Teresa(エルテレサ)というラッパーをご紹介していたのですが、 今回は、 アルバムに収録されてい…

どえらかっこいいダンスナンバーがリリース。HITOMIN「BREAK DOWN」

www.nosee-wave.com 以前、ラッパーHITOMINをご紹介したのですが、 彼女のどえらかっこいい新曲がリリースされていた!! HITOMIN「BREAK DOWN」!! BREAK DOWN 今までの雰囲気とは違う。 ”かっこよさ”をとても感じる一曲。 ダンスナンバーでありつつ、やや尖っ…

NORIKIYOの聴いておきたい10曲【おすすめ】

今回は、 ラッパーNORIKIYOのおすすめの10曲をご紹介して行きたいと思います。 それでは、始めていきましょう!! 夜に口笛 何かが変 It ain't nothing like Hip Hop 「PAPER,PAPER...」BRON-K feat. NORIKIYO 俺達の唄 feat.MACCHO Go So Far 春風 feat.OMSB …

ちょっと昔のことでも思い出そう。「夜桜」INNTANA

今年は桜を見れないけれど 桜って、 昼間と夜の雰囲気が、同じ木だとは思えないほど変わりますよね。 昼間に見る方が良い桜の木と、夜桜で見たほうがきれいに見える桜の木がある。 でも、 今年は桜を、見ることが出来ない。 そんなときは。 桜に関連した歌を…

ビギーの「Juicy」を聴くと頭をよぎる曲。m-flo loves 加藤ミリヤ

「Juicy」を聴くと頭をよぎる曲がある 先日、ビギーの「Juicy」をご紹介しました。 www.nosee-wave.com 今度はですね。 ビギーの「Juicy」を聴くと、聴きたくなる曲があります。笑 それが、 m-flo loves 加藤ミリヤの「ONE DAY - KREVA REMIX -」!! タイトル…

韻だけでは終わらない。音源の中毒性に酔う!! 韻マン「Change My Life」

韻マンの音源がリリースされていた フリースタイルバトルにおいて、 とにかく様々な韻を踏み倒し、リスナーを楽しませまくる韻マン。 ここまで韻を好み、韻を楽しみ、韻にこだわり、韻を踏むラッパーがいたのかと、 ライムのボキャブラリーの多さには、いつ…

ただCHILLなだけじゃないんだ。BASI「これだけで十分なのに」

メロウなトラックで、 ゆったりとした時間が流れる。 そんな、とても心地の良い曲がある。 BASI「これだけで十分なのに」。 ただ、ちょっと休憩するだけではないんだ。 冒頭からメッセージが伝えられる。 ”ほんまにやりたいことやれてんのか” ”これだけで十…

ひと息つきたい夜にはこの曲を。U-mallow×hohoreho「99♮」

はじめて聴いたときから印象的な一曲。 U-mallowとhohorehoの「99♮」(読み:99ナチュラル) youtu.be くうーー。 冒頭のリリックから、心にグッときます。 Everything's gonna be alright ×2 忘れたもの失くしたもの取り返しに行くよ Everything's gonna be…

今この状況だからこそ、歌詞が心に刺さってくる。NORIKIYO「What Do You Want?」

先の見えない不安の中。 今自分自身が出来る最善を尽くす。 感染拡大を防ぐために、外出を控える。 手洗いをこまめに。 免疫を高めるために栄養を考え、 よく眠る。 連日、心を締め付けるようなニュースが並んでいます。 ほんとうは目をつぶりたいけれど、 …

素敵なリリックから広がる不思議な世界。Loveが溢れる一曲!! 空音「Hug feat.kojikoji」

不思議な世界が広がっていく 今回は、 ラッパーの空音と、シンガーソングライターkojikojiの一曲。 空音「Hug feat.kojikoji」のご紹介になります。(^_^) 不思議な世界に行ってみましょう。 youtu.be この感じ!! 新鮮な雰囲気。 メロウでとっても気持ちいい…

JAZZHIPHOPな雰囲気に乗せられた,憂鬱な日常。この淀みが心地いいんだ。クボタカイ「TWICE」

クボタカイ「TWICE」 笑い転げて楽しい日々もあれば、 ときに憂鬱になる日もあるだろう。 そんな憂鬱な日常が詰まった一曲があった。 クボタカイの「TWICE」だ。 ああ。 心地いい。 クボタカイのラップは、歌のようでありつつ、 独特なワードと共に重なって…

スタイリッシュで聴きやすい2MCのラップユニット【NO NAME'S】のおすすめ

2MCユニット【NO NAME'S】 今回は、 個人的に注目しているラッパー7組【2019年】という記事でご紹介しておりました、 2MCユニットのNO NAME'Sを、改めてご紹介して行きたいと思います。('ω') www.nosee-wave.com NO NAME'Sは、 ラッパーのREViと、Lazyyで構…

合法的トビ方ノススメのCoverが、清らかMIXでハマってしまった。【うおしーらん】

合法的トビ方ノススメ Covered by うおしーらん 今回はですね。 YOUTUBEをふと聴いたときに思わず食らってしまったカバー曲。 そちらをご紹介して行きたいと思います。('ω') カバーしている方は、”うおしーらん”という人で、 カバー曲はラップユニット Creep…

トラックとラップがドツボ。この聴き心地がたまらん!!。HITOMIN「PHONE」

最近とにかくドツボにハマってしまった曲に出会った。 HITOMIN「PHONE」!! Ring ding dong~♪ 歩きながら聴いてると、足取りが軽くなる。 もはやスキップする一歩手前。 サビのキャッチーさと、ラップの心地よさ。 そして、何度も聴きたくなる中毒性。 Kowic…

芸術×HIPHOP。沖縄発のラッパーOZWOLRDのおすすめ

わたしの好きな音楽ジャンル。 日本語ラップ。 昨今の日本語ラップは、洋HIPHOPにより近くなっているように思います。 この近くなっているというのは、 英語と日本語を巧みに操るバイリンガルラッパーの存在も大きいのですが、 なにより、それ以上に思うのは…

しなやかに連なる言葉。HIPHOPが苦手でも受け入れやすいラッパーSALUのおすすめ

スネアとハイハットの音が印象的で、軽やかに流れていくトラック。 そこに乗せられたSALUのフローはとてもなめらかで、リリックがとても耳に残ります。 タイトルにあるのは「In My Life」。 二度はない人生。後悔しないように生きること。綴られたSALUのリリ…

泉まくら『as usual』歌詞から受ける悲しい印象だけではない[アルバムレビュー]

わたしが泉まくらというアーティストを知ったのは、遡る事、おそらく5-6年くらい前だと思います。同じ時期に、「bUd」という曲で”daoko”という女子高生ラッパーがいることを知りまして、確か当時同じくくりにされていた泉まくらをその時に知った覚えがありま…

新たなブレンド製法から生み出された新鮮さ KREVA『AFTERMIXTAPE』[アルバムレビュー]

9月にリリースされたKREVAの通算8枚目のフルアルバム。 『AFTERMIXTAPE』 アルバムのタイトルにはMIXTAPEというワードが入っており、 フルアルバムとは違ったブレンド製法による作品。 今までのアルバムでは感じられなかった”新たな味”というのを、 曲を聴い…

泉まくら「思い出の昼下がり」《歌詞の考察》儚く切ない思い出と日常とその先。

泉まくらのアルバム『as usual』に収録されている「思い出の昼下がり」。 穏やかな昼下がりに、あの日の思い出を回想していく。 ぼんやりと思い出されているようで、様々な心情を感じるんですよね。 どうしてだろう。なんでだろうが積み重なって、 答えを探…

かしわ「みりん」《歌詞考察》 残された”みりん”から繋がる話

9月発売のアルバム『3人でかしわ』から、 リード曲の「みりん」のPVがリリースされていました。 youtu.be かしわ「みりん」。 いやあ。とても心を揺さぶられたんですよね。 まず出だしのコーラスから引き込まれ、 HOOKの終わりと共に、ビートが鳴り始める。 …

[日本語ラップ]今、個人的に注目しているラッパー7組【2019年】

今、個人的に注目しているラッパー、 またはグループを、7組ご紹介していきます。('ω') それでは、始めていきましょう!! Elle Teresa guca owl Yellow Chef NO NAME'S Bleecker Chrome OKBOY&Dogwoods ¥ellow Bucks Elle Teresa youtu.be 1人目のラッパーは…

NORIKIYO「春風 feat. OMSB」の歌詞の意味を考える

NORIKIYOの哀愁漂うHOOKが印象的な一曲。 「春風 feat. OMSB」 youtu.be 客演で呼ばれているOMSBの所属クルーは、SIMI LAB。 全員の地元が相模原というわけではありませんが、SIMI LABは相模原を拠点に活動していたので、わたしのイメージ的に相模の印象が強…

AKLO + NORIKIYO「百千万」についての歌詞の感想

youtu.be YOUTUBEに突如アップされたニューリリース。 名義がAKLO + NORIKIYO。 なぜfeatではなく、名義が存在するのか?なんてことは、特に気にせず、 「おお。2人の新曲かあ~。」 と思っていたら、コメント欄に気になる一文が。 そのコメントを、大まかに…

キックが帰ってきた!! KICK THE CAN CREW『KICK!』のアルバムレビュー

KREVA、MCU、LITTLEの3MCからなるKICK THE CAN CREW。 最近ようやく2017年にリリースされたアルバム『KICK!』を聴きました。 2004年に活動休止をしているので、 14年の時を超えてフルアルバムをリリースしたことになりますね。 今回は、 わたしとKICK THE C…

じじおまがんじゃに秘められた中毒性

強烈な中毒性で、ただいま鬼リピート中の曲。 OKBOY&Dogwoods「ZIZIOMAGANJA」。 この曲を、最初聴いたときにですね。 わたくしは思ったんですよ。 「なっ?なんなんだこの曲?」 「中毒性がありすぎる(笑)」と。 大変まいりました。 曲が終わった後に、…