まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

コノ流レハ予測不可 「Kunoichi Money」Elle Teresa & Sophiee

 

 

 

こんにちは。

 

超絶日本語ラップ好きです。

 

 

昨年2019年に、

個人的に注目しているラッパーをご紹介した回がありました。

 

 

www.nosee-wave.com

 

 

その中で、

Elle Teresa(エルテレサ)というラッパーをご紹介していたのですが、

 

 

今回は、

アルバムに収録されていない、完全に盲点だった曲をご紹介したい。

 

 

Elle Teresa & Sophiee「Kunoichi Money」!!

 

 

このフローは予測不可だ。

 

 

 

 

Elle Teresaのアルバム『KawaiiBubblyLovely2』は、 

TRAPのトラックが使われていたので、この「Kunoichi Money」のビートはとてもシンプルに感じる。(シンプルだが中毒性は凄まじい)

 

こういったトラックにラップを乗せるときは、ラップのフローが浮き彫りとなるのだが、Elle Teresaはわたしの予想を超えて、スキーのモーグルばりに乗りこなしてきた。

 

まずHOOKのはめ方が心地良い。

イントロが始まって、一瞬でトラックの中毒性を感じていたのだが、その濃さをElle Teresaがマシマシに盛ってくる感じとなっている。

 

特に0:23~の、くのいちMONEYというリリックと共に、ループ音が始まりだすところが格別。このリリックのループの乗りこなしもとてもイイ。

 

そして、そこから続くのは、予測不能のverse。

BPMは遅めなのでバース部分が長く感じるのにもかかわらず、柔軟かつ小節の繋ぎ方が面白いので、聴いていてとても楽しい。

ラップはコード進行のように、”このフローのあとにはこのフローが続きそうだ”みたいなものを感じるときがあるのだが、Elle Teresaのフローは”このフローのあとにこのフローきちゃう?”的な驚きがあったのでぶちあがってしまった。

この楽しみ方というのは、RAUDEFやOZworldなどと共通している。彼らのラップも柔軟で読めない。

 

 

「Kunoichi Money」のリリース日は、2016年なので、およそ3年半前という感じ。

 

アルバム『KawaiiBubblyLovely2』が2019年で、

前作『KawaiiBubblyLovely』が2018年なので、それよりも前ということ。

 

これらのアルバムは、TRAPのトラックが使われているので、

ある程度曲のスタイルが確立しつつあるように見える。

 

なので、

今後もTRAPの曲がリリースされるような気がするが、 

たまには「Kunoichi Money」のようなスロービートで、自由に踊りながら舞うラップを聴いてみたいものですね。

 

 

ということで、今回はこの辺で。

 

それでは(^^)/

 

 

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com