まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

4s4kiの新曲「ラベンダー」

 

 

4s4ki「ラベンダー」

 

 

4s4kiの新曲がリリースされていましたね。('ω')

 

今年一発目の曲のタイトルは「ラベンダー」。

 

 

かなりポップに歌われておりますし、トラックもなめらかかつ柔らかな印象。

 

でも、リリックはどこか悲し気で、考えさせられる内容になっています。

 

 

こちらの曲を聴いて思ったことを、

今回は述べていきたいと思います。

 

 

誰かに語りかけているのか

 

君はシンガーソングライター

優しい嘘をついた

揺れるカーテンはラベンダー

病院のベッドの中

 

4s4ki「ラベンダー」

作詞:4s4ki

 

最初は、4s4kiから”誰か”に向かって話しているように思いました。

 

”君は”シンガーソングライター

そして、 優しい嘘を”ついた”、となっているからですね。

 

 

ただ、聴いているうちに思ったのが、

4s4ki自身もシンガーソングライターなんですよね。

 

わかってるよ、嘘じゃないの

でもねまた疑ってしまうよ

わかってるよ、嘘じゃないの

雨の音聞こえないふりをした

わかってるよ、嘘じゃないの

怖いの痛いの幻聴や妄想

わかってるよ、嘘じゃないの

「全部良くなるからね」

 

4s4ki「ラベンダー」

作詞:4s4ki

 

”君”というのは、実は4s4ki自身で、

自分に嘘をついて、前を向こうとする姿というのを、わたしは感じました。

 

大丈夫。大丈夫。

わたしはシンガーソングライターだよ。

 

と言い聞かせるように

 

 

タイトルにあるラベンダーは

 

サビでは、揺れるカーテンはラベンダーと、

カーテンの色を表しているのですが、

 

わたしは、このラベンダーというのが、

 

病院の窓辺に咲く花。

ラベンダー、またはラベンダー色の花という意味も含まれているのではないかなあと思いました。

 

 

毎日花を見ているのは人間側ですが、

 

花の方も、実は毎日こちらの様子を窺っているのかも。

 

 

なので、それを想像したときに思ったのが、

 

 

わたしはシンガーソングライターであり、ラベンダー。

 

みんなのこと見てるよ。

 

大丈夫だよ。きっとなんとかなる。

 

 

そんな風にわたしは言われているような気がしたので、

 

「ラベンダー」は聴き手に対する応援歌であり、

 

4s4ki自身への応援歌でもあるのかなあと思いました。

 

 

おわりに

 

以上で、新曲「ラベンダー」の感想を終えたいと思います。

 

 

こちらの記事では、

シンガー4s4kiをご紹介しています。(^_^)

 

www.nosee-wave.com

 

 

それでは(^^)/