まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

[最強タッグ]SUKISHA × kiki vivi lily を紹介する

 

youtu.be

 

kiki vivi lilyと、トラックメイカーSUKISHAによる一曲「Blue in Green」。

 

トラックがとにかく心地いいんですよね。

そして、そこに歌を乗せるkiki vivi lilyの甘く優しい声がとても魅力的。

 

最初はトラックの音数が少なめですが、徐々に音は増えていき、

バスが加わってからは、曲を聴きながら体を動かしたくなる。

 

曲の雰囲気は、どこか90年代を感じるといいますか、

聴いていると懐かしさを感じるんですよね。

 

 

わたしは思いました。

 

SUKISHAとkiki vivi lilyが混ざり合うと、

とても魅力的な曲になるなあと。

 

これは最強タッグなのではないかなと。

 

 

なので、今回は、

SUKISHAとkiki vivi lilyによる曲をご紹介していきたいと思います。

 

それでは、始めて行きましょう!!

 

 

 

Pink Jewelry Dream 

youtu.be

 

イントロから「Blue in Green」同様にどこか懐かしさを感じる一曲ですね。

 

サビのリズム感がとても印象的で、kiki vivi lilyの独特な感性を感じるのですが、

バース部分においてもその心地よさが流れ続けるんですよね。

とにかく個人的に思います。kiki vivi lilyの歌い方がずるすぎる。と。笑

 

そして、その聴き心地の良さ、kiki vivi lilyの歌声を最大限に引き出すのが、

やはりSUKISHAがメイクするトラックであるなあと思います。

 

 

Rainbow Town

youtu.be

 

サビの歌い出しからとても印象的な一曲。

 

今までご紹介した2曲は、雰囲気は違うものの似たテイストを感じておりましたが、

こちらの「Rainbow Town」は、どこか”日差し”というのを感じるので明るさがあり、

曲が流れていくほどに、どこまでも行けるような感覚になります。

なので、とても元気がみなぎってくる感じ。

 

この曲を聴いていると、

何かに悩んでいる状態ではなくとも、何かを見つけられそうな気がしてならないですね。

 

天気の良い日に街を歩きながら、聴きたい一曲です。

 

おわりに

 

kiki vivi lilyのアルバム『vivid』では、どちらかというとゆったりめの曲と言いますか、CHILLソングが多く収録されています。

なので雰囲気は、すでにYOUTUBEにリリースされている「80denier」や「 カフェイン中毒」といった曲のテイストをアルバム全体にも感じるのですが、

 

SUKISHAとタッグを組むことによって、雰囲気がガラッと変わって、しっとりめの曲になるんですよね。おしゃれで夜に聴きたくなるようなサウンドと歌。

 

『vivid』の雰囲気も好きなのですが、SUKISHAともしアルバムを一枚作るとなったのなら、ぜひ聞いてみたいなあと心底思いますね。

 

 

以上で、SUKISHA × kiki vivi lilyのご紹介を終えたいと思います。

 

それでは(^^)/