まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

曲を聴いて文化を知る。U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS「BUNKA」

 

 

 

先日、

TAMTAMの「Worksong! Feat.鎮座DOPENESS」をご紹介しました。

 

www.nosee-wave.com

 

 

TAMTAMは、元々ラッパーとのfeatがあったものの、

 

鎮座DOPENESSを客演に呼ぶのは想定していなかったので意外でした。

 

「Worksong! Feat.鎮座DOPENESS」は、

かなり心地良い曲になっているので、おすすめです。

 

 

で、

わたしは、「Worksong! Feat.鎮座DOPENESS」を聴いたら、

鎮座DOPENESSの曲を聴きたくなりましてですね。

 

YouTubeからとある曲をサーフィンして聴きに来ましたので、今回ご紹介したい。

 

 

 

ソロ曲ではないのですが、

 

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS「BUNKA」という曲を。

 

 

 

とても興味深い一曲。

 

ただ歴史を語るだけではないところが面白い。

 

 

わたしは日本語ラップ好きで、洋HIPHOPも聴いてきたのですが、

 

”どういう流れでHIPHOPが生まれたのか”ですとか、

”誰が誰の影響を受けているのか”といった歴史の部分はわからないことが多いので、

 

こちらの曲を聴いて、「おおー」と口にすることが多かったです。

 

 

で、

内容はもちろんのこと。ラップにも驚きがありました。

 

このような歴史を語る曲というのは、

 

固有名詞を必ず出さなければならないのに、

文章を長くすると曲が終わらないため、適度な文字数にしないといけないという制約があると思うんですよね。

 

これが歌だったら、メロディにそのまま乗せることになるのですが、

ラップはさらに制約があります。

 

それは、

韻を踏むこと。

 

 

実際、韻は踏まなくてもラップとして成り立つものですが、韻を踏まないと聴き心地が悪くなる。

 

なので、

固有名詞をだしつつ、適度な文字数に収めて、なおかつ韻を踏むという。

 

想像しただけで難しそうな制約がある。

 

 

しかし、

それを鎮座DOPENESSは、出だしからすんなりと乗せていきます。

 

 

これがほんとうに気持ちがイイ。

 

 

ビートも心地のいい音を奏でているので、どんどんワードが耳に入ってくる。

 

 

そして、

そのままラップのverseだけで終わるのかと思いきや、HOOKが存在していたことに驚きました。

 

小休止も兼ねてのサビ。このサビも良い感じ。

 

 

この曲を聴くと歴史を深堀したくなりますね。

 

そこから音源をDIGるのも楽しそうです。

 

 

 

ということで、今回はこの辺で。

 

それでは(^^)/

 

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com