まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

GLIM SPANKYのアルバム『Next One』をおすすめしたい

 

 

 

今回は、

松尾レミと亀本寛貴による音楽ユニット。

 

GLIM SPANKYのアルバム『Next One』をおすすめしていきたい。

 

リリースは、2016年。

 

 

 

 

初めに感じたのは、聴きにくさ

 

 

わたしが2人のことを知ったきっかけは、

ラジオで流れていた「話をしよう」という曲。

 

 

ラジオで聴いたときからかなり印象に残っていたので、

 

「話をしよう」をYOUTUBEで聴かずに、アルバム『Next One』をすぐに聴きました。

 

 

最初に感じたのは聴きにくさ。

 

ボーカルの歌声は、ハスキーというよりかは、

粘り気のある歌い方をしているので独特な感じがあります。

 

さらに、

それに合わせているのか、それとも歌声がサウンドに合わせているのかわからないのですが、

 

とにかく熱量のあるロックというイメージで、ゆったりと聴けるようなアルバムではなかった。

 

 

しかしですね。

 

聴いているうちに、初めは聴きづらさのあったボーカルの粘り感が、

 

逆に気持ちよく感じるようになってくるんですよね。

 

 

この声を求めて聴きに来る。的な。

 

 

そして、

サウンドも聴き慣れてくると、

 

「この熱さがたまらないんだよなあ」と、ひとりごとを言いながら再生するようになる。

 

 

もう、

 

気づけばGLIM SPANKYの虜になっていた。

 

 

 

おすすめの曲を

 

 

全10曲入りなので、3曲ご紹介して行こうと思ったのですが、

 

4曲にしか絞れませんでした。(笑)

 

 

曲を知れば知るほど、

アルバムの楽しみが減ってしまうと、わたしは思うタイプなので、

 

 

気に入った曲がありましたら、ぜひアルバムを聴いてほしい。

 

そう思います!!!

 

 

Next One (Live)

 

「Next One」

 

とにかくかっこええ一曲。

ベースとドラムの、音とリズムが好み過ぎて、たらまない。

 

さらに、

そこに苦みのある歌声が乗っかってくるので、通常状態を維持するのは難しい。

 

通常状態?

 

そう。体を動かさないことだ。

 

気づけばこの音に揺れているはず。

 

音源がYOUTUBEになかったのですが、

曲の雰囲気とかっこよさを、そのまま体感できるので拝借しました。

 

 

話をしよう

 

「話をしよう」 

 

こちらの曲は、

熱さはあるのだけれど、曲の雰囲気にしんみりとする一曲。

 

聴いているとなんだか懐かしい気持ちになります。

 

こちらの曲は、

”らんま1/2”や”犬夜叉”などの作者、高橋留美子が原作のアニメ「境界のRINNE」のEDテーマだったとのこと。

 

アニメの主題歌で、GLIM SPANKYを知れるなんて羨ましい限りです。

 

 

闇に目を凝らせば

 

「闇に目を凝らせば」

 

個人的にこのアルバムでお気に入りの一曲を。

 

出だしのほぼアカペラの状態に、夜の空気を感じるベースとドラムの音が加わる。

 

雰囲気は、沈んだ気分を照らす月明り。

 

アルバムの中で、独特の光を放つ曲です。

 

 

ワイルド・サイドを行け

 

「ワイルド・サイドを行け」

 

最後のおすすめは、ロックチューン。

 

爽快な疾走感。追随する太陽。辺り一面に微振動が。

 

 

歌詞が背中を押すんだ。ワイルド・サイドに。

 

 

印象的な歌詞は、

 

国籍 生きる答えが 違うことは関係なくて

人に弾かれた者同士も 同じ孤独で繋がれんだ

仲間とこじ開ける未来は絶景さ

 

GLIM SPANKY「ワイルド・サイドを行け」

作詞:松尾レミ、いしわたり淳治

 

国籍 生きる答えが 違うことは関係なくて

人とつるむのが下手同士も 同じ涙で繋がれんだ

仲間とこじ開ける未来は絶景さ

 

GLIM SPANKY「ワイルド・サイドを行け」

作詞:松尾レミ、いしわたり淳治

 

 

国籍 生きる答えが 違うことは関係なくて

 

素敵な歌詞だなあと、思いました。

 

 

違うことがあっても、必ず誰かと繋がれることがあって、

仲間とこじ開ける未来は絶景さ。

 

 

とにかくアクセルを踏みたくなる一曲ですね。

 

 

 

おわりに

 

ということで、

今回は、GLIM SPANKYのアルバム『Next One』のおすすめでした。

 

 

それでは(^^)/

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com