まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

じじおまがんじゃに秘められた中毒性

 

 

強烈な中毒性で、ただいま鬼リピート中の曲。

OKBOY&Dogwoods「ZIZIOMAGANJA」。

 

この曲を、最初聴いたときにですね。

わたくしは思ったんですよ。

 

「なっ?なんなんだこの曲?」

「中毒性がありすぎる(笑)」と。

 

大変まいりました。

 

曲が終わった後に、すぐまた再生ボタンを押しそうになる。

 

というか、押している。

 

そして聴きながら、ちょっと踊りたくなってくる。

 

気づけば体が動いている。

 

そんな曲です。

 

youtu.be

 

独特の世界観から生み出される”高い中毒性”

 

誰もがこの曲を聴きながら、「じじおまがんじゃ♪」と、

口ずさんでいることと思います。

 

わたしもその一人。

 

今回は、okboy×dogwoodsの魅力でもある、

この曲の中毒性がどこからくるのかについて考えました。

  

この高い中毒性は、3つの要素から生まれると推測。

 

中毒性要素その1:同じワード

 

まず曲のタイトルにも冠している「ZIZIOMAGANJA」を、

毎2小節の終わりに落としています。

なので、1バースで8回同じワードが出てくる。

 

この同じワードを、同じバースの中で何度も持ってくるって、

かなり攻めだと思うんですよね。

 

失敗するとリスナーが聴いている時に、

そのワードに対して「飽き」が生じてくる。

 

ちょっと鬱陶しさが出てきたり、うんざり感が出てきたり。そんな感じ。

 

ただ、同じワードをうまく操ることが出来れば、

そこから生まれるのは、「中毒性」だと思うんですよね。

 

この曲において、同じワードをうまく落とし込むために、

力を発揮しているのが、「ZIZIOMAGANJA」を落とす手前のフロー。

 

この曲のOKBOY。

かなり力が抜けてるんですよね。

 

そんなに力を抜けたフローが出来るの?(笑)

というぐらい力が抜けてて、

 

かつ、リリックでは、

”ライオンみたい でも実際ライオンじゃない”など、

 

「おっと?どうゆうことだ(笑)」と、

気になるリリックがちらほらある。

 

というより、ほぼ気になる。

 

気になるリリック+力の抜けたフローがあることによって、

そのあとにくる「ZIZIOMAGANJA」が、鬱陶しさを与えるどころか、

聴いているリスナーが、次の「ZIZIOMAGANJA」を今か今かと待ちわびるようになる。

 

わたしは、そのように感じました。

 

中毒性要素その2:トラックとの相乗効果

 

同じワードを、同じバースの中で落とし、中毒性のある曲。

 

ぱっと思いついたのが、KOHHの「毎日だな」です。

 

この曲は、カニエウェストのALL DAYをサンプリングしておりますが、

フローをそのまま日本語に落とし込んで、同じワード「毎日だな」を1バース中に8回用いているのにも関わらず、

飽きが出てくるどころか高い中毒性が実現されている。

 

「ZIZIOMAGANJA」も同様に、うまく同じワードを用いることで、中毒性を生んでいるのですが、

気になったのが「ZIZIOMAGANJA」のトラックですね。

 

「毎日だな」は、中毒性のあるループトラックが使われておりますが、 

「ZIZIOMAGANJA」のトラック自体は、音数少なめで、シンプルなんですよね。

良い意味でいえば、チープなトラックといいますか。

 

で、このトラックだけで中毒性があるかと言われれば、

違う、と答えると思うんですよね。

 

ただ、ここにOKBOYのバースが乗っかることによって、

いきなり中毒性が生まれる。

 

これがOKBOYのすごさかぁ。

と感心していたのもつかの間。

 

曲を聴きながら、よくよく考えてみると、

この中毒性が生まれるには、このトラックが必要不可欠なのだと気づきます。

 

お互いがお互いを高めあっている。不思議な感覚。

 

気になるリリック+力の抜けたフロー+それらを高めるトラック

それにより、さらに中毒性が高まっているように思います。 

 

中毒性要素その3:「ナニカ」を感じるHOOK

 

そして、さらなる魅力だと感じるのがHOOK。

担当は、Dogwoods。

 

「ZIZIOMAGANJA」の落としを毎回待ち、のりのりで聴き入っている中で、

次第に訪れるのはDogwoodsのHOOK。

 

最初聴いたとき思ったんですよね。

 

「うおおお。HOOKこういう感じで来るかあぁ。」と。

 

予想外でした。予想できなかったですよ。

 

日本語からは生まれないようなテイスト。

 

リリックの内容は違うんですが、

どこか神に祈りを捧げているような歌い方。

 

民族音楽が混ざっていると言いますか、他の国の文化を感じると言いますか、

日本にはない「ナニカ」をとても感じました。

 

このDogwoodsのHOOKが、

「ZIZIOMAGANJA」を、さらに一つ上の次元に押し上げた要因だと思います。

 

いやあ。

OKBOYとDogwoods。

 

2人合わさるととんでもない化学反応が起きますね。

 

以上が、中毒性に関する考察でした。

 

「ZIZIOMAGANJA」収録のEPを聴く

 

OKBOY×Dogwoods『Now healing』

5曲入りのEPですね。早速聴きました。

 

コンセプトがあるのかないのか定かではありませんが、

アルバムとして、かなりまとまっているように感じます。

 

CHILL感があるので、ゆったりと聴けるアルバム。

 

なので、このEPの感じのまま、

1枚のフルアルバムが聴きたくなりましたね。

 

このEPでのお気に入りは、「You got my bounce」。

Dogwoodsのバースがとても心地いいんですよね。

 

「ZIZIOMAGANJA」とは違ったバウンスをしたくなります。(笑)

 

 

おわりに

 

以上が、

OKBOY&Dogwoods「ZIZIOMAGANJA」に関する考察とご紹介でした。

 

今後も音源のリリースに注目していきたいなと思います。

 

それでは(^^)/

 

www.nosee-wave.com