まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

この声から繰り出されるフローに、酔わずにはいられない。Melvoni 「No Man's Land」

 

 

ラップのフローに酔ってしまう曲がある。

 

Melvoni「No Man's Land」!!

 

 

 

もうなにがなんだかわからない。

 

この高音から繰り出されるフロー。

高い声が活かされ過ぎてて、初めて聴いたときの衝撃はすさまじかった。

 

比較的トラックはシンプル。そこに尖っていつつも柔軟なフローが乗っかる。

 

強めに鳴るバスの音と対称的で、両者のバランスは絶妙だ。

 

 

出だしからHOOKになっているのだが、これがHOOKっぽくない。

 

はじめはverse部分かと思っていたのだが、曲が進むにつれてこの部分がHOOKなのだと知る。

 

HOOKがverseっぽいとどうなるかというと、

曲の区切りが曖昧になって、ずっとラップをしているような感覚になること。

 

これはよくないことが起きる可能性がある。

 

聴いていて、”飽き”が出てくるかもしれない。

 

 

でもそんなことは微塵も感じませんでした。

 

曲全体がverseっぽくなろうとも、そのすべてをMelvoniはフローでカバーしているように思います。

 

この曲の構成もかなりの衝撃でした。

 

 

ラッパーMelvoni

 

この動画の概要欄には、

 

Best Upcoming 16 year-old Artist in New York

PRODUCED BY: YoungKimJ & Yung Ting

 

と書かれているので、

 

彼はまだ20歳以下であることが分かります。

 

もしかすると声変わり前の可能性があるので、今後声質が変わるかもしれない。

 

そこがちょっと寂しいところ。

 

 

今回は彼のおすすめの曲を2曲ご紹介して終えたい。

 

Had To

 

「Had To」

 

イントロからグッと来た一曲。さきほどの「No Man's Land」では、ところどころ歌が混ざっていたので、彼がしっとりした曲を歌ったらどうなるだろうと、想像していた中でこの曲に出会いました。

歌はR&Bっぽいのですが、トラックがハイハット鳴りまくりのTRAP寄りの曲となっているので、全体を通してはHIPHOPを感じます。

なんだか雨の日の雰囲気を感じずにはいられない。夜に聞きたい一曲です。

 

 

No More You

 

 「No More You」

 

2曲目はさらにしっとりとした一曲を。

最初はHOOKから魅了されました。揺れるようなギタートラックも心地が良い。

それでいてトラックはHIPHOPを感じる。それだけでもう充分であった。

 

しかし、この曲には驚きが隠されていた。

(1:45)から、Khalid「Location」のサンプリングが入り、(2:00)からKanye West「Heartless」のサンプリングが入る。

MIXが自然すぎて衝撃だった。こんなサンプリングの仕方もあるのかと。

 

 

Khalid「Location」

 

 

Kanye West「Heartless」

 

 

 

 

ということで、今回はこの辺で。

 

それでは(^^)/

 

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com