まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

”カエルノウタ”は、日本語だけだ。【森七菜】

 

 

 

最近衝撃を受けた一曲を、ご紹介して行きたい。

 

 

森七菜「カエルノウタ」

 

 

 

森七菜「カエルノウタ」

 

清々しいというか、透き通っているというか、

 

太陽の光が、木々に遮られた森の中にいるような感覚になる。

 

 

ジブリの映画の主題歌もそうですが、

このような平たんに歌われる歌というのは、日本語の良さをとても感じます。

 

英語の歌は、言語的に子音がどうしてもでてしまうので、強弱を生もうとしなくとも、強弱が生まれてしまう。

 

日本語は、子音の音が少ないので、このようなスゥワーーーーとした歌は、”日本語が合う”というよりかは、”日本語でしか”歌えないのではないかなと思う。

 

 

なので、

ラップにおいてはこれがデメリットになってしまう。

 

英語は、子音が出るのでリズムを取りやすく、ライムもしやすいのだが、

日本語は、どうしても平たんになりがち。そのあたりが、”日本語でのラップは難しい”と言われる所以かもしれない。

 

 

タイトルは、カタカナで”カエルノウタ”。

 

日本語をあえてカタカナにするときって、プラスの感情があるときではないですよね。

怖いものを表す時とかって、カタカナが使われやすい。

 

この曲においても、聴く前から、それは何となく感じていた。

 

童謡の”かえるのうた”と差別化したかったわけではなさそうだ。

 

 

歌詞を見ると悲しい描写が続く。

 

『ラストレター』という映画の主題歌となっているのだが、

その映画の内容とリンクしているのだろう。

 

曲の歌詞を読んでいるだけで、”最後の手紙”というワードが頭に思い浮かんだ。

 

 

今回は、歌詞の考察は述べないでおく。

 

歌詞はこちらから見ることが出来ます。

森七菜 カエルノウタ 歌詞 - 歌ネット

 

 

歌っているアーティストは、森七菜(もりなな)

 

今回の曲で、歌手デビューを果たしたとのことだが、

 

もともとは女優さんとのこと。

 

 

今後音楽活動をしていくのでしょうか。

 

気になるところですね。

 

 

 

ということで、今回はこの辺で。

 

それでは(^^)/

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com