まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

NORIKIYOの聴いておきたい10曲【おすすめ】

 

 

今回は、

ラッパーNORIKIYOのおすすめの10曲をご紹介して行きたいと思います。

 

それでは、始めていきましょう!! 

 

 

夜に口笛

 

 「夜に口笛」

4th Album 『花水木』収録。

 

BACHLOGICが歌うHOOKは、トラックとの相性が抜群でとっても心地が良い。

夜の街を散歩しながら聴きたい一曲ですね。

 

 

何かが変

 

「何かが変」

5th Album『雲と泥と手』収録

 

イントロから始まるトラックが強烈な印象を与える一曲ですね。

 聴けば聴くほどその中毒性にはまっていく。

 

 

It ain't nothing like Hip Hop

 

「It ain't nothing like Hip Hop」

7th Album『Bouquet』収録

 

90年代を感じさせるCHILLなトラックの上に、乗せられたNORIKIYOのラップは大変心地が良い。

個人的にこういうトラックとの相性は抜群だなあと。

ちなみに、HOOKはThe Sugarhill Gang「Rapper's Delight」のサンプリングかなと思います。

The Sugarhill Gang - Rapper's Delight (Official Video) - YouTube

 

 

「PAPER,PAPER...」BRON-K feat. NORIKIYO

 

「PAPER,PAPER...」BRON-K feat. NORIKIYO

BRON-K 2nd Album『松風』収録

 

こちらの曲は、BRON-K名義になります。

曲の雰囲気と相まって、リリックが心に刺さってくる。

お金よりも大切なこと。歌詞を見ながらゆっくり聴きたい一曲です。

ちなみに、動画はMADですが、BRON-K本人に許可を得てからUPしているそうです。

 

 

俺達の唄 feat.MACCHO

 

「俺達の唄 feat.MACCHO」

9th album『平成エクスプレス』収録

 

”生まれたこと自体に意味なんてない”という印象的なリリックから始まる一曲。

ただ聞いているだけで心地が良いのですが、歌詞を読みながら聴いているとより風を感じるんですよね。

”もしかすると俺ら一緒かもしれないな”。迷い込んだときに背中を押してくれる一曲です。

 

 

Go So Far

 

「Go So Far」

6th Album『如雨露』収録

 

おそらく当時のシーンの流行を取り入れたトラックだったと思うので、初めて聴いたときはかなり意外さがありました。

「NORIKIYOがこのトラックでラップをする?!」と。

しかし、聴いてみれば相性の良さに気づきます。HOOKの気持ち良さがたまらない一曲ですね。

 

 

春風 feat.OMSB

 

「春風 feat.OMSB」

9th album『平成エクスプレス』収録

 

哀愁漂うトラックの上で、過去を回想しながらラップがされていく。

リリックの内容はどこか切なく、昔の写真などが出てくるPVもとても印象的です。

 

 

秘密

 

「秘密」

 3rd Album『メランコリック現代』収録

 

BACHLOGICのHOOKが非常に印象的な一曲。

PVは非公式のものなのですが、「秘密」という曲が非常に表されているので、アルバムが発売された当時からわたしのお気に入りです。

リリックがとても考えさせられるので、動画を見ながら聴きたい一曲です。

 

 

What Do You Want?

 

「What Do You Want?」

9th album『平成エクスプレス』収録

 

本当に必要なものは何だろう。聴いているとそんな考えが思い浮かびます。

ひとつの物語を見ているようなPV。映像を見ながら聴き入りたい一曲です。 

 

 

満月

 

「満月」

 7th Album『Bouquet』収録

 

最後はしっとりした一曲を。

曲を聴いていると、満月の下で空を見上げる瞬間が想像されます。

月という言葉から広がるリリック。CHILLしながら聴くのも合いますし、歌詞の意味を考えながら聴きたい一曲でもあります。

 

 

 

おわりに

 

NORIKIYOの聴いておきたい10曲をご紹介させていただきました。

 

今回はこの辺で。

 

それでは(^^)/

 

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com