まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

【Reol - 1LDK】歌詞の考察 一部屋の過去から,Reolが伝えたかったこと

 

 

Reol「1LDK」のPVがリリース

 

 

1月にニューアルバム『金字塔』を発売したReol。

 

 

そのアルバム『金字塔』から、

「1LDK」のPVがYOUTUBEにアップされておりました。

 

 

「1LDK」はアルバム『金字塔』のリード曲であり、

アルバム発売前から先行配信されていた曲。

 

 

今回のPVがアップされる前には、

YOUTUBEライブの映像をクリップした「1LDK live ver」が、すでにアップされていたため、

 

先行配信→YOUTUBEのライブ映像「1LDK」をアップ→「1LDK」のPVをアップ

 

という、不思議な流れでPVの配信に至った一曲ですね。

 

 

とにかくリリックが刺さってくる。

 

わたしは、「1LDK」が先行配信されたときは、

 

「アルバムの流れで聴きたい!!」という思いがあったため、

 

とにかくアルバムがリリースされるまで待ちました。

 

 

そのため、「1LDK」との初めての出会いは、アルバムを通して聴いた時。

 

 

サビのメロディに乗せられた切ない感情に加え、

嘆き、喚くようなverse部分の歌詞と歌。

 

 

悲しいはずなのに、なんだか違った印象を個人的には受けるんですよね。

 

 

わたしは、アルバムの中で一番お気に入りであろう「1LDK」について、

長らく考えてきました。歌詞の内容を。

 

 

なので、

今回はその歌詞についての考察を述べていきたいと思います。

 

 

「1LDK」の内容には、色々な思いが交錯しているように感じます。

 

人によって捉え方は違いますので、 

一意見として聞き入れていただければ幸いです。

 

 

それでは始めていきましょう!!

 

 

ちなみにこちらはlive ver

 

Reol「1LDK」YOUTUBE live ver

 

 

Reol 「1LDK」 歌詞の考察

 

日々の暮らしの描写

 

まず初めに、1verse目からの引用です。

 

新聞の一面に 僕の名前見出しで
あんたの気を惹きたい
今日じゃないと 絶対だめなんだよ
黄色い線の上 ギリギリのステップで踊っている
うまいこと染まれないよ 借りもんの個性的じゃ減点

面倒事にノックダウン 一人暮らしはまあキツいです
表参道から松濤 僕はダンサーインザダーク
安月給で惨敗 まだ工事終わんないし

好き嫌い 大都会

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

新聞の一面に 僕の名前見出しで
あんたの気を惹きたい
今日じゃないと 絶対だめなんだよ

 

曲の冒頭から「お?」とするような歌詞から始まります。

 

新聞の一面”に”僕の名前見出し

そのあとに続くのは、”あんたの気を惹きたい”という言葉。

 

初めは現実世界の話なのかなと思いましたが、

こちらは比喩表現のように思います。

 

 

新聞の一面に、大見出しで載るということは、

ものすごく衝撃的なニュースがあったから。

 

ということは、

衝撃的なことをしてまで、気を惹きたい。

そして、それが、今日でなくてはならない”なにか”がある。

 

やや抽象的ですが、そのようにわたしは考えました。

 

 

黄色い線の上 ギリギリのステップで踊っている
うまいこと染まれないよ 借りもんの個性的じゃ減点

 

黄色い線というのは、道路のセンターラインやホームの点字ブロックなどが頭に思い浮かびます。

そこから想像されるのは、そのラインを越えてしまうと危険ということ。

 

なので、まず、

ぎりぎりのステップで踊っている≒危険と隣り合わせでいる

 

ということを想像したのですが、

 

その歌詞のあとには、”うまいこと染まれないよ”と続くので、

 

ぎりぎりのステップで踊っている≒どっちつかずでいる

 

つまり、

ぎりぎりのステップで踊っている≒なにかに染まれずに迷っている

 

という意味にもなるのかなと思いました。

 

 

なおかつ、それに加えて、

借りもんの個性的じゃ減点”とあるので、

 

誰かの個性的ではだめだけれど、うまいこと染まることもできない。

 

となり、 

 

自分がなにかわからずに迷っているという意味にも、捉えられます。

 

 

余談ですが、

Reolの歌詞において、

”個性的”というワードは度々目にする言葉のように思います。

 

この言葉が歌詞に出てくるのって、

今までずーっと、「自分とはなにか?」ということを自分自身に問い続け、

迷ってきたことの表れが、歌詞ににじみ出ているようにわたしは感じました。

 

 

面倒事にノックダウン 一人暮らしはまあキツいです
表参道から松濤 僕はダンサーインザダーク
安月給で惨敗 まだ工事終わんないし

 

ここからタイトル「1LDK」という言葉に関する話が出てきます。

 

表参道から松濤という経路は、どこかへ向かう道なのでしょうか。

 

一人暮らしはまあキツいです

安月給で惨敗

という文章からは、実体験が織り交ざっているように感じます。

 

 

僕はダンサーインザダーク

と、”ダンサー”という言葉が含まれているので、

もしかすると実体験の描写に、誰か架空の人物の話が重なっているのかなと一瞬思ったのですが、

さきほどの”ギリギリのステップで踊っている”というところに繋がって、

 

光のない暗闇で迷い続けている。

 

という意味なのではないかなとも思いました。

 

 

その迷い続けていること、というのは、

後ろの歌詞にある”まだ工事終わんないし”にもかかっているように思います。

 

都心は常にどこかしらで工事をしていて

いつ終わるかわからないくらい、工期は長め。

 

なので、”まだ工事終わんないし”というのは、

自分自身の悩みが解決せずに、ずっと頭の片隅に居座り続けている(工事が終わらない)ことが表現されているように思います。

 

  

ということで、ここまでが1verse目になります。

 

 

イヤフォンの向こう側

 

イヤフォンの向こうで 歌う声に焦がれている
劣等感、厭世的な気分で朝を待って
こんな思いを知っても 鼓膜の上であなたが
クソみたいな現実を一瞬光らせるから、超越した

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

1回目のサビですね。

 

イヤフォンの向こうで 歌う声に焦がれている

劣等感、厭世的な気分で朝を待って

 

なにかの曲を流しながら、朝を待つ。

 

なので、曲を聴いている時の時刻は真夜中でしょうか。

 

厭世的(えんせいてき) の意味

えんせい‐てき【×厭世的】 の解説

[形動]人生に悲観し、生きているのがいやになっているさま。「厭世的な気分」

厭世的(えんせいてき)の意味 - goo国語辞書

 

劣等感、厭世的な気分

とあるので、1verse部分の悩み続けていることというのが、

サビにおいても表現されているように思います。

 

鼓膜の上であなたが
クソみたいな現実を一瞬光らせるから

 

1回目のサビでは、

”誰かの曲”が一筋の光を与えたのではないかと、

わたしは想像しました。

 

  

現実と想像

 

2verse目からの引用です。

 

ねぇ、表は危ないよ
センセーションなんざくそ喰らえだろ
あんたの卓越は若さやお金じゃはかれないのに
名声を強請って 無いもの見栄張ってる

着飾るばかり 都会

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

 

センセーション(英語表記)sensation

1 世間の耳目を驚かせる事件や事柄。また、大評判。「一大センセーションを巻き起こす」

2 感覚。気持ち。

センセーションとは - コトバンク

 

名声(読み)メイセイ

名誉ある評判。ほまれ。「名声を博する」「名声に傷がつく」

名声(メイセイ)とは - コトバンク

 

強請る(読み)ネダル

[動ラ五(四)]
1 甘えたり、無理に頼んだりしてほしいものを請い求める。せがむ。せびる。「小遣いを―・る」「おもちゃを―・る」
2 難くせをつけて要求する。ゆする。
「おれを―・って銀取らうとは」〈浄・曽根崎〉
3 ぐずぐず文句を言う。ごねる。
「客様さへ紛らかしてくれなさるに、華車様聞こえぬと―・りけるを」〈咄・軽口大黒柱・四〉

 

ねぇ、表は危ないよ
センセーションなんざくそ喰らえだろ

 

語り口調ですね。

 

言われている状況も想像できますし、

Reol側から言っているようにも思いました。

 

しかし、この歌詞のあとに、

名声を強請って 無いもの見栄張ってる

という文章が続きます。 

 

名声をねだるというのは、”広く世間に知られるのを望むこと”で、

 

「センセーション(世間を興奮させる事柄)はくそくらえ」というのを、REOL側から言い放つと矛盾するため、

 

他の誰かから”ねぇ、表は危ないよ
センセーションなんざくそ喰らえだろ”と言われているのではないかと思いました。

 

 

なので、この部分から、

現実なのか、それとも想像上なのか分かりかねますが、

もう一人の誰かが歌詞に現れてきます。

 

 

あんたの卓越は若さやお金じゃはかれないのに

 

卓越(読み)タクエツ

[名・形動](スル)群をぬいてすぐれていること。また、そのさま。「卓越した技術」「これ等の―なる人」

卓越(タクエツ)とは - コトバンク

 

さきほど歌詞に現れた”誰か”

 

その誰かと”あんた”というのは同一人物のように思います。

 

若さやお金じゃはかれないのに

と言っているので、

 

この文章から感じるのは、なにかしらの後悔

そして”あんた”と距離が離れて行く状況を感じます。

 

 

名声を強請って 無いもの見栄張ってる

着飾るばかり 都会

 

もし”名声を強請る”というのが、REOL自身の話だとしたら、

”音楽の道を進む”という意味のようにも感じます。

 

それと同時に、わたしは歌詞の流れを見ていると、

音楽と”あんた”が天秤にかけられたようにも思うんですよね。

 

 

初めのリリックでは、好きなところと嫌いなところのある東京で、

借りもんの個性的じゃ減点と悩んでいたのですが、

 

こちらの歌詞を見ていると、

”借りもんの個性的じゃ減点”と知りつつも、

見栄を張って、着飾って、また大都会に向かうREOLの姿を感じました。

 

 

1verse目の悩みは、この2verse目の内容が所以なのか

それとも、1verse目の悩みをすっ飛ばして、すでに再スタートを切っているのか

 

分かりかねる状態で2回目のサビに向かいます。

 

 

印象が変わる2回目のサビ

 

イヤフォンの向こうで 叫ぶ声に正されている
嫌悪感、肯定できない僕が嫌になって
こんな思いになって尚 “なんとか”を保てるのは
嘘みたいな理想の何処かあなたがいるから、超越してよ

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

1回目のサビでは”誰かの音楽”を聴いているように感じたリリックでしたが、

 

こちらの歌詞では、”誰かの音楽”という意味を継続的に感じつつ

”電話口のあんた”から聞こえてくる声のようにも感じるんですよね。

 

 

どこ‐か【▽何▽処か】 の解説
[連語]《「か」は副助詞》(副詞的にも用いる)
1 はっきりと指示できない場所を示す。「何処かで聞いた文句だ」「何処か遠くへ行きたい」

2 はっきりとは示せないが、そのようであるという気持ちを表す。何となく。どこやら。「何処か変だ」

何処か(どこか)の意味 - goo国語辞書

 

嘘みたいな理想の何処かあなたがいるから

 

言葉の流れ的にピンとこない文章でした。

 

初めに思ったのが、

嘘みたいな理想の”何処かに”、あなたがいるから。

 

そして、もう一つ感じたことがあるとするならば、

 

”何処か”というのは、

はっきりと示せない場所を指すという意味のほかに、

 

はっきりと示せないがそのようである気持ちを指します。

 

なので、

嘘みたいな理想のあなたが”いるような気がする”から

 

という言葉にもなりうるなと思いました。

 

 

現実のあなたなのか、

それとも、また別の誰かなのか、

 

こちらの歌詞においても、

非常にあいまいな印象を受けました。

 

 

感情が溢れる

 

五線譜の上のさばる本音 折れそうな僕は神頼みだ
本当は何も願っていない うつった癖が直らない
芸術(アート)なんて音楽なんて
歌をうたったからなんだって
絵を描いたって足しにならないから辞めちまえば

芸術なんて音楽なんて音楽なんて
音楽なんて音楽なんて音楽なんて もうくたばれ
芸術なんて音楽なんて何もなくっていなくなって
価値をつけて選ばれなくて

憧れだけ

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

本当は何も願っていない

 

ものすごくこの言葉が引っかかります。

 

個人的には、

一緒にいたい。ただ一緒にいたかったんだ。

という意味に感じました。

 

 

うつった癖が直らない

 

”直らない”という言葉は、

”直したい”という思いがなければ生まれないものだと思うので、

 

すでに元々その癖をもっている人とは、会えなくなっていることがわかります。

なおかつ、自分自身でその癖が出てしまうと思い出してしまうので、

 

忘れたい。

 

そんな思いも含まれているのではないかなあと思いました。

 

 

芸術(アート)なんて音楽なんて
歌をうたったからなんだって
絵を描いたって足しにならないから辞めちまえば

芸術なんて音楽なんて音楽なんて
音楽なんて音楽なんて音楽なんて もうくたばれ
芸術なんて音楽なんて何もなくっていなくなって
価値をつけて選ばれなくて

 

 

こちらの曲で、とにかく印象的な歌詞。

 

この部分は、自分自身に語りかけているようにも思いますし、

この言葉を浴びせられたことがフラッシュバックしているようにも思いました。

 

Reolの今までの思いがものすごく詰まっているように感じる。

 

 

絵を描いたって足しにならないから辞めちまえば

という部分が非常に心にささってきます。

 

 

こちらの内容についての詳しい話は、後述します。

 

 

最後の歌詞(最後のサビ)

 

イヤフォンの向こうで 歌う声に焦がれている
劣等感、厭世的な気分で朝を待って
こんな思いを知っても 鼓膜の上であなたが
クソみたいな現実だとしても光らせた

イヤフォンの向こうへ 三分と少しの間だけ
全能感、革命的な気分でいさせて
そういつだって指先ひとつで [再生]
ありふれた生活 殴り込んであなたは
クソみたいな現実を たった一小節で変えて

超越したの、1LDKで

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

最後のサビでは、

歌詞が少し変わっているんですよね。

 

”クソみたいな現実を一瞬光らせるから”

ではなく、”クソみたいな現実だとしても光らせた”となる。

 

 

過去形になっており、

今までの歌詞の時系列とも重なるので、

 

すでに昔の話になっていることが分かります。

 

 

一方で、

最後の歌詞においては、

”三分と少しの間だけ”

”そういつだって指先ひとつで [再生]”、というように、

 

”誰かの曲”というような感じで終わるので、

 

現実なのか想像上なのかというのは、

 

結局、話が繋がらないまま曲が終えられます。 

 

 

現実なのか想像なのか

 

以上が、歌詞の内容についての考察でした。

ここからは曲全体を通しての考えを述べていきます。

 

 

まずタイトルの「1LDK」という部屋のサイズから想像されるのは、

 

1人だと広めだけれど、2人だと手狭に感じるかもしれない。ということ。

 

なので、

どちらの状況もありうるんですよね。

 

1人暮らし、2人暮らし。

 

 

この絶妙な部屋のサイズ感というのが、

 

歌詞に出てくる”あんた”という存在に関する疑問、

「現実の話なのか想像上の話なのか」というのを、より分かりにくくしているように思いました。

 

 

しかし、この曲においては、

あえて現実と想像上の話を重ねているように思います。

 

 

例えるならば、 

二つの世界が重なる曲。

 

アルバム『No title-』に収録されている

REOL名義の「ヒビカセ」。

  

 

こちらの曲においては、

初音ミクのために作られた曲なので、歌詞にはバーチャルに関連した言葉が並びますが、

それらが比喩的に聞こえて、3次元の世界と交わっているように感じます。

 

 

「1LDK」においても、

”三分と少しの間だけ”

”そういつだって指先ひとつで [再生]”、と”誰かの曲”という意味でありつつ、

 

クソみたいな現実だとしても光らせた”あんた”という人も、

実際に存在していたのではないか。ということが考えられます。

 

 

Reolの伝えたいことは

 

それでは、

今回の考察をまとめていきたいと思います。

 

 

Reolの伝えたいこと。

 

 

それは、

ある部分の歌詞に、かなりの思いが集約されているのではないか。と思いました。

 

 

さきほど詳しい話は後述しますとお話していた歌詞の部分。

 

 

芸術(アート)なんて音楽なんて
歌をうたったからなんだって
絵を描いたって足しにならないから辞めちまえば

芸術なんて音楽なんて音楽なんて
音楽なんて音楽なんて音楽なんて もうくたばれ
芸術なんて音楽なんて何もなくっていなくなって
価値をつけて選ばれなくて

Reol「1LDK」

歌詞:Reol

 

 

ここです。

 

 

わたしが最初に思ったのは、

1LDKで、これを自分自身に浴びせながらうずくまる姿。

 

 

そのあとに、

曲を何度も聴いて、歌詞を何度も読み直してみても、

 

結局そのイメージは残っている。というよりかは、変わらないままでした。 

 

 

本当にこの言葉の描写が過去にあって、悩んでいた時期があったのかもしれないと。

 

 

で、この部分ってかなり心が痛くなるんですよね。聴いている時って。

 

サビのメロディもしかり、曲全体の内容しかりで、悲しい雰囲気がとても漂っている。

 

 

 

でも。

 

 

それと同時になんだか勇気がでる。

 

この曲を聴くと、どこか前向きになれるんですよね。

 

 

それがReolの伝えたいことなのではないかなと思っています。

 

 

投げかけ

 

この歌詞の部分って、

聴き手に、投げかけてるんですよね。

 

 

きっと。

 

今、夢を追ってる人に。

 

 

 

歌を歌ったからどうなるの?

絵を描いたってなんの足しにもならない。

 

 

そんな歌詞を聴いた聞き手は、

はじめは思う。

 

「今やっていることは、もしかしたら意味がないかもしれない。」

 

 

でも、

次第に違う思いがこみ上げてくるんですよね。

 

 

「そうだ。

この歌詞を書いてるReolは、 

昔そんな思いを抱いていたReolは、

 

今Reolとして存在しているんだ。」

 

 

そう考えると、

さきほどの

 

芸術(アート)なんて音楽なんて
歌をうたったからなんだって~

 

というリリックが、

 

 

今は意味が分からないだけだから!!!

大丈夫だよみんな!! 

 

 

という意味のように聴こえてくるんですよね。

 

 

とてつもないエネルギーを感じる。

 

 

なので、

自ら悩んでいた過去を表現することによって、

 

今思い悩んでいる人たちが、また一歩踏み出せるようなパワーを、

Reolは届けたかったのではないかなと個人的に思いました。

 

 

おわりに 

 

さきほどの話に加えて、

もうひとつ思ったことを述べて終えたいと思います。

 

 

わたしは、

 

いつだって指先ひとつで [再生]
ありふれた生活 殴り込んであなたは
クソみたいな現実を たった一小節で変えて

 

という、”誰かの曲に”救われた歌詞が、

 

 「1LDK」という曲自身になりうるのではないかなと思います。

 

 

Reolが助けられた出来事(誰かの曲)を語った曲が、また誰かを助ける。

 

 「1LDK」というタイトルの三分と少しの間だけの曲が、

わたしたち聞き手のクソみたいな現実を一瞬光らせる

 

 

 

  

以上で、考察を終えたいと思います。 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

それでは(^^)/