まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

ファミコンの音で演奏された「新宝島」。再現度が高すぎるぞ【サカナクション】

 

 

懐かしのサウンドで蘇る

 

 

ファミコンの音だけで演奏された、サカナクションの名曲「新宝島」。

 

こちらの音源がYOUTUBEに上がったのは2016年になりますが、

わたしが知ったのはつい最近の事。

 

 

はじめて聴いたときはもう鳥肌でしたね。

 

 

ファミコンの音に聴き慣れていればいるほど、

 

「くぁあーー!!この音が、この楽器として代替えされてるのか~!!」

 

と唸ること間違いなし。

 

 

まずは「新宝島」を

 

 

サカナクション「新宝島」は、映画『バクマン。』の主題歌であるのと、

YOUTUBEの再生回数は1億回を超えているので、

 

おそらく多くの方は一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

 

しっかりと聴いたことがない方や、

どんな音だったか記憶が薄れてしまった方は、

 

まずは、サカナクション「新宝島」をお聴きください。

 

 

 

くぅーー!!とっても爽快!!

 

イントロのギターの響きと、鳴り続けるループ音がたまらないですね。

 

トラックの中毒性が半端ない一曲だなあと感じます。

 

 

ファミコンの音で演奏された「新宝島」

 

続きまして、

ファミコンverの「新宝島」を見ていきましょう。('ω')

 

 

 

もう。

 

ほんとに。

 

イントロの音から衝撃でした。

 

 

正直なところ、半信半疑だったんですよね。

 

「ファミコンの音で再現できるのだろうか??」と。

 

 

しかし、

そんな心配を忘れてしまうくらい、

 

 

とにかく「新宝島」。

 

 

馴染みのある音が、サカナクションのサウンドに置き換えられ、

演奏されている。

 

 

イントロで衝撃が走ってから、

ひたすら聴き入りましたね。(笑)

 

 

サカナクションの「新宝島」から感じるのは 

 

 

わたしが「新宝島」に出会ったきっかけはよく覚えていないのですが、

 

はじめて聴いたときの衝撃は覚えているんですよね。

 

 

曲中で鳴り続けるループ音。

 

 

「この音の中毒性はヤバそうだ」とすぐに思いました。

 

 

というのも、

「新宝島」のトラックは、バンドサウンドでありながら、

ポップな要素を織り交ぜて作られている印象なので、

 

曲自体にHIPHOPの要素を感じないのですが、

 

 

このループ音の中毒性に関していえば、かなりHIPHOPを感じるんですよね。

 

 

HIPHOPのトラックは、

ループ音を前面に出しているような、

または、ループ音の存在感が強めなトラックがあり、

 

それらの音が生み出す中毒性は凄まじいものがあります。

 

一例を上げると、

Dr. Dreの「Still D.R.E. feat.Snoop Dogg」。

 

 

 

とにかく印象的なのが、イントロから始まるループ音。

 

DREとスヌープの、ラップのかっこよさももちろんなのですが、

トラックの中毒性の高さが窺えるかと思います。

 

 

なので、

サカナクションがどういう経緯で「新宝島」を作ったのかはわからないのですが、

 

このループ音の中毒性というのが、

少なからず意識されて制作されたのではないかなあと、個人的に思います。

 

 

おわりに

 

今回は、ファミコンの音で演奏された「新宝島」のご紹介でした。(^_^)

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com

 

それでは(^^)/