まだ見ぬ音の波に

◇HIPHOP,R&B,Popsなど,ジャンルレスな音楽をお届け◇

トラックとラップがドツボ。この聴き心地がたまらん!!。HITOMIN「PHONE」

 

 

最近とにかくドツボにハマってしまった曲に出会った。

 

 

HITOMIN「PHONE」!!

 

 

 

Ring ding dong~♪

 

 

歩きながら聴いてると、足取りが軽くなる。

 

 

もはやスキップする一歩手前。

 

 

サビのキャッチーさと、ラップの心地よさ。

 

そして、何度も聴きたくなる中毒性。

 

 

KowichiやKid ink、Fifth  Harmony好きのわたしにとって、

まずトラックが好みということもありますが、彼女の魅力はそれ以上のところに。

 

 

 

非常に曲のまとまり感があるんですよね。

 

 

それを実現しているのは、HITOMINのラップのフロー。

 

バース部分を聴いていると感じるのは、”超”が付くほどなめらかなラップ。

フローが一定ではないのに、言葉が飛び出ずに収まっている印象を受けます。 

 

どちらかというと、トラックに乗っているというよりかは、

トラックに沿うように流れを作るフローで、ビートと共に並走しているようなイメージ。

 

このフローとトラックが合わさることによって、一体感をとても感じ、

聴き心地の良さやまとまった印象を受けることに繋がっているように思います。

 

 

それは、HITOMINの低めの声質もいい具合に作用していると思いますが、

ラップのスキルとワードセンス、そして歌をラップに混ぜ合わせるスキルを兼ね備えているからだなあと、個人的に思いました。

 

なお、ここでいうワードセンスというのは、言葉選びというのももちろんですが、

言葉の置き方がもの凄く良いなあと。

 

 

サビのRing ding dongのキャッチーさも、もちろんですが、

バース部分の聴き心地がたまらない一曲ですね。('ω')

 

 

ラッパーHitomin

 

ラッパーHitomin。

 

ネット上にプロフィール情報なるものが見当たらなかったため、Twitterを頼りに。('ω')

 

 

どうやら、

現20歳ということと、BTBというレーベルに所属していることがわかります。

 

同レーベルには、

甘えちゃってSorryで知られるラッパーAYA a.k.a. PANDAや、

AYA a.k.a. PANDA - 甘えちゃってSorry - YouTube

  

第15回高校生RAP選手権で優勝を果たしたラッパーの”百足”などが所属しているとのこと。

 

 

HITOMINの音源は、

まだフルアルバムをリリースしていないので、曲数が少ないのが寂しいところですが、

シングルやEPが発表されていたので、早速拝聴しました。('ω')

 

そこで、

今回は、HITOMINのおすすめの曲を、1曲だけご紹介して終えたいと思います!!

 

 

HITOMIN「Trip」

 

HITOMIN「Trip」。

トラックの鳴りからは、PVのように海の雰囲気を感じつつも、サビとバース部分の歌い方からは寂しさを感じる一曲。

こちらの曲においてもトラックの心地よさはもちろんですが、サビのキャッチーさと、バース部分が魅力的ですね。

サビでは、”Come a little bit closer”と繰り返すところが個人的に好みなところ。

「PHONE」と同じくらい中毒性を感じる一曲です。

 

 

おわりに

 

今回はHITOMINをご紹介させていただきました。

 

それでは(^^)/

 

 

Twitterアカウント

twitter.com

 

 

おすすめはこちら

www.nosee-wave.com

www.nosee-wave.com